2008年12月31日水曜日

why not: color picker

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
なぜboardの色の変更をwebで調整する機能を持っていないか?との意見をもらいましたが次の理由でやりません。


  • 費用対効果として駄目。かなり複雑なUIとその内容をencodeして使い手がurlに埋め込める機構を作る必要があるがこれは残りの2割のための労力であって、現状で8割のneedsは満たしている。2:8の法則の観点からしてありえない。だいたいリクエストした本人が私の知る限り、positionをwebにupしてない。極端な言い方だが、使ってない人の意見はどうでもいい。

  • まともなデザインを作るのは信じられないほど大変。うそだと思うならbgblitzのページにあるboardデザインに匹敵するようなバランスで色を決めてみてください。image.backgammonbase.comで適当なpositionを作って、お絵かきソフトで配色を変更して満足できそうか試してください。並みの能力ではせいぜいneonやflower程度でしょう。natureはかなり試行錯誤をした結果のデザインです。bgblitzのボードデザインのレベルの試行錯誤を支えるにはかなりの作りこみが必要です。そんなことしたらgimpやphotoshopになってしまう。ありえない。



本当に自分がいいデザインができると思っていて、試したいと思っているなら、次のステップを試していただきたく。

  1. image.backgammonbase.comで適当なpositionを作って、お好みのお絵かきソフトで配色を変更して満足できそうか試してください。

  2. それをcssぽいもので表現します。このフェーズはお手伝いさせていただきます。(というか、先に作ったサンプルとoddのpointはr=xxx, g=yyy, b=zzzとのような指定をいただければ、kotobukiなどと同じlayoutでなら、こちらでいくつかpositionを生成してemailで送付させていただきます。)

  3. もし私が満足がいくものでかつ著作権上問題のないものだったら、買い取ります。お金がないので小額ですが。。。

0 件のコメント: