2008年10月8日水曜日

Box Model のようなもの(2)

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


cssのボックスモデルは

各ボックスは,テキスト,画像などの内容領域をもち,オプションで,その周囲にパディング,境界及びマージンの領域をもつ。

なのでPointの描画がPadding領域にはいるのは変だともいえる。ここは議論の分かれるところかもしれない。ただ、chequerがおかれる領域はContentで間違いがなく、chequerとpointでサイズがことなることを自然に表現したいとなると、padding, border, marginのいずれかをpointの描画に与えなければならない。

この解釈を後押しする事実を挙げるとすればつぎのことだろう。

  • 内容領域:生成する要素の'background'特性。

  • パディング領域:生成する要素の'background'特性。

  • 境界領域:生成する要素の境界特性。

  • マージン領域:マージンは常に透明とする。


以上を踏まえてBox Modelにあわせるとなると、Pointの三角形の描画は背景だと解釈すべきか?そうなら現状、Pointの描画色はforegroundで渡しているので要修正だろう。

もうひとつはchequerにもpadding, border, marginを与えるという解決策である。chequer同士のくっつき具合を変えられるというメリットがあるが、それ以上のメリットはすぐには思いつかない。もう少し考えては見るが。

0 件のコメント: